top of page

フォトコンテスト/オランダ写真倶楽部

オランダ写真倶楽部フォトコンテスト募集のお知らせ。





オランダ写真倶楽部の川上です


JACOPさんの文化祭にて会場をお借りし、「フォトコンテストと写真展」を開催したいと思います。カメラでもスマホでも応募を受け付けておりますので、皆様のご応募お待ちしております!


以下、応募要項です↓


オランダ写真倶楽部フォトコンテスト


テーマ「心なごむオランダ」


風景、食、物などオランダの魅力や雰囲気が伝わる写真を募集します


【応募要項】


部門:スチールカメラ部門 / スマートフォン部門


参加費:無し


応募締め切り: 9月30日23:59


応募資格:オランダ在住のアマチュアの方


応募規定:フィルム、デジタル、スマートフォンで撮影されたオリジナル作品。人物写真(ポートレートやストリートフォト)は写っている人の許可を得たものに限ります。


*作品タイトル、氏名(展示ではアーティスト名でも可)、簡単な撮影意図をメールに記載してご応募ください。

*応募はお一人につき一点



応募先メールアドレスinfo@sakuraphoto.nl




○入賞者はBUNKA-SAI文化祭にて展示


○写真展日時:10月21日(土曜)12~16時 体育館内


○場所:アムステルフェーン:SAKBKunstLokaal


主催:オランダ写真倶楽部




【審査員】


奥山美由紀氏、中尾由里子氏、川上真の3名です。


奥山美由紀 

山形県生まれ。

アーネム市在住。アートフォト、フォトブックデザインのほか、戦争で生まれた日系オランダ人などのドキュメンタリーも撮影。2022年、イタリアで写真集賞を受賞および出版。Yahoo!Japan特集などの報道も行う。www.miyukiokuyama.com


 

中尾由里子

東京都生まれ。

写真家・星野道夫氏に憧れ、20歳の時に単独でアラスカで

キャンプをして以来、カメラマンになることを決意。

12年間ほどロイター通信社で報道カメラマンとして様々な現場を経験し、2012年よりフリーとなる。アウトドアや旅が好きで訪れた国は50カ国以上。

ペルーでアンデスの宇宙観を学びに行ったことがきっかけで、2017年にオランダに拠点を移す。現在、オランダ・カトワイクにてパートナーと0歳、3歳の子どもと暮らしている。

ミッションは、Sense of Wonder (神秘さや不思議さに目をみはる感性)を磨き、野生を取り戻し、自然とつながりを深める喜びを老若男女に広め、母なる大地と共振共鳴し、幸せな調和が取れた世界を創造すること。

2017 - ペルー共和国⼤使館にて個展「⺟なる⼤地パチャママ インカ×桜」

2018-デジタルカメラマガジン「神々の⼤地」をテーマで ⼀年間連載

Email : yurikophotography@gmail.com  Instagram : yurikobee



 

川上真 


埼玉県生まれ。

ドキュメンタリーフォトグラファー。地元の写真館で家族写真やブライダルのカメラマンとして働きながら、カンボジアやインドなどで撮影。 2014年から日本経済新聞社の契約カメラマン。

カンボジアの地雷被害者やHIV孤児院、モンゴルの孤児院を撮影。また東京の下町をテーマにした「枝川・十畳長屋の五郎さん」で第12回名取洋之助賞を受賞。元日本兵の兄弟をテーマにした「国破れて山河あり」を製作中。

在蘭日本人向けの「オランダ写真倶楽部」を月一回で開催中。

写真館 Sakura Photo Studio代表。




何かご不明な点あればメッセージまたはinfo@sakuraphoto.nlまでお問い合わせください。












閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page